FC2ブログ

ナショナルの業務放送委員会

MUGEN、日記や雑談を書いています。 

かぐや姫の物語

今日やっと念願の「かぐや姫の物語」を見に行く事ができました。

今日大型ショッピンぐモールに来た本来の理由です。
映画を見るためです。
しかも映画を見るなんて何年ぶりでしょうか?(中2年生あたりから見てないです)


以下は「かぐや姫の物語」のネタバレになってしまいますので続きへ...


その前にこれは言っておきます。

ナレーションがあまちゃんの夏婆っぱw

そしてアニメーションは全て手書き。
よって最後のスタッフロールはものすごい人数になっていました。
それだけ手がかかっているということですね。
絵がすごく綺麗です。
少なくとも、ディズニーのほとんどCGでエフェクトかけまくりのアニメーションとは全然違います。


まだ見ていない人は絶対に見るべきです。
これを見ずに年越しはできませんよ?


第一印象はとにかく絵が綺麗でした。
水彩画を見てる感じでした。
通常のアニメではまず見られない鉛筆と思われる輪郭の線の太さの違いがもっと手書き感が出ててよかったですね。

アレンジ版かと思っていましたが、結構竹取物語の原型に沿っていましたね。明らかな改変が無かったです。

かぐやの年齢変更がかなりありました。
多分わざとだと思うのですが、かぐやが大人になり高貴な姫になるのですが外に出たり、自然の中にいる時の顔は完全に顔が幼く描かれていることに気付きました。要するに”たけのこ”ですね。

そして、かぐやは殿や最終的に皇帝までからも、干渉を受けて、一度地上の世界を嫌になってしまうのですが、それでも地上で生きていきたいというかぐやの抵抗。
そのyesとnoの間という難しいところが、また考えさせられるところでした。
でもそれを話の中で上手く表現するところが、ジブリですよね。


最後悲しすぎる。まぁそもそも竹取物語を知っていますが、やはり悲しい。
泣いちゃうw
でもなんで月の迎の曲があんなに楽しい曲になっちゃった?
もっと神々しい曲で来るかと思っていましたが・・・
ちょっと雰囲気壊した?思わず久石さ~ん!と言いたくなりましたが、これはあえてこういう曲にしたのでしょうか?

気になったのが月の迎の集団に仏様?がいましたが、ひょっとしてかぐや殺されました
もしかしたら、あの月の迎はかぐやの死を意味しているのかなと考えたのですが・・・

やはり奥が深いジブリです。


スポンサーサイト
  1. 2013/12/30(月) 23:40:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついに大晦日に | ホーム | 天使の専門家「天使は実在するけれど、羽根がない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://national2525.blog.fc2.com/tb.php/568-ede2f53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)